Top
私のお宝1トニー・ザイラー
f0198611_18022353.jpg
ソチでの冬季オリンピックも連日 日本選手の活躍に賑わっていますね
頑張れ日本!

今日は元オリンピック選手に関する私の一番のお宝をご披露致します (^^)v
1956年コルティナダンペッツォ冬季オリンピックでアルペンスキー回転・大回転・滑降の
金メダル三冠王に輝いたトニー・ザイラーは団塊の世代の方はよくご存じですね
彼はこの後出身地のキッツビューエルに自分のホテル・お店を持ちたくて映画俳優になり
「黒い稲妻」「白銀は招くよ」etc... 数々の映画に出演しました

私が小学校5年生か6年生の時 母が映画「黒い稲妻」に連れて行ってくれたのです
当時は学校の許可映画それも父兄同伴でなければ観に行くことはできなかったのですが
「オリンピックで三つも金メダルを取った人が出ている映画よ」と母もウキウキして
無許可などお構いなしに二人で映画館に入りました!今思うと素敵な母親でしたわ~

映画は冒頭美しい雪山を背景に素晴らしいシュプールを描いて彼と少年が雪煙をあげて滑り降りてくるのですが
何しろゴールドメダリストです!そのスタイル 技術たるや美しいの何のって・・・ (*_*)
この時の少年もさすがスキー王国の子供で驚くほどの腕前です!
You Tubeに映像がありました とくとご覧あれ!



小学生ながらこのハンサムなスキーヤーに魅せられ 完全に心を奪われました!!
そう!恋したのですね (*´艸`*)ァハ♪
新聞 映画雑誌 週刊誌 彼の写真記事はどんなに小さなものでも切り抜いて集めていました
付いたあだ名が「ザイラー気狂い」・・・^m^;

母も協力的で行きつけのラーメン屋さんで見た映画雑誌に 彼がオーストリア共和国から
金の功労賞を贈られた時のたいへんハンサムな写真が載っていたのをお願いして貰って来てくれました
これは長い間机の前に貼ってうっとり眺めていましたっけ・・・お終いには陽に焼けて
みすぼらしくなって悲しかったです 
中学生になってからかな?ある年のクリスマスに彼の25cmLP「ザイラーは唄う」が枕元に
置いてあったのです! 嬉しかったの何のって 狂喜乱舞しましたね!
「どうしてサンタクロースは私がザイラーのファンって分かったんだろう・・・?」
「サンタクロースは何でも知ってるのよ」「フウ~ン 凄い・・・」母も凄かった?

ステレオはありませんでしたので小さなレコードプレーヤーから流れる彼の優しい甘い声に 
今で言う癒されていました
今見れば演奏はあのベルト・ケンプフェルト楽団ですわ!「真夜中のブルース」「星空のブルース」・・・
素敵でしたねぇ
彼の自伝「雪に憑かれた男」は広告を見て取り寄せて貰い夢中で読みました
240円ですって!字が小さい小さい・・・今はもう読むのに疲れそうです (@_@;)

f0198611_18021795.jpg
自伝を読んでキッツビューエルの彼の住所にファンレターを出したい
という願望がむくむくと湧いたのですがドイツ語は書けません・・・
そこで何をしたかと言いますとね11月17日の彼の誕生日にバースデイカードを送ったのです
忘れもしません ルノワールの少女の絵が付いているカードに英語で(!)「お誕生日おめでとう 云々」
と書き「気持ちだけでも届くといいなぁ・・・」と投函しました ネッ?いつも出たとこ勝負なのです ^^;

なんと驚いたことに届いたのです!
サイン入りのブロマイドが送られて来た時の私の喜びがお分かりになりますか?
彼の映画(もちろん私は全作品を観ています)の中でヒロインが言ったせりふ
「全世界を抱きしめたいくらい!」でしたわ
彼は日本映画の「銀嶺の王者」にも出演したりしていてとても親日家なのですが やはり人柄でしょう
IOCからも功労賞を贈られ たいへん人望が厚かったとか・・・

f0198611_18022173.jpg
            来日しザイラーブームが起こった時です 何てハンサムなのでしょう・・・

この写真は私が最初に勤務した写真店のカメラマンMさんが東京での修行中に デパートだったかな?
ザイラーが来るというのでカメラを持って行って最前列で撮ったとか・・・
素敵に撮れていますよねぇ? ハンサムという言葉がぴったりです

今これらを見返すと本当に懐かしいです
彼は5年前の2009年8月24日73歳で脳腫瘍で亡くなり NHKのニュースで知った時は息が止まりそうでした・・・
その数年前から喉頭がんにも侵されていて
「72歳になれば、そのような病気に一度はなるものだ。
自分はこれまで素晴らしい人生を送ってきた。死を恐れてはいない」と述べているという。
(ウィーン発 『コンフィデンシャル』より)

彼自身が「素晴らしい人生を送ってきた」と言っているところが救いですね
彼を知ったことで私の人生も素晴らしいものになりました
私は今でも彼のファンであることを心から誇りに思っています


 



[PR]
Top▲ | by chic-uni | 2014-02-18 21:50 | Comments(6)
Commented by ヘラとアミ at 2014-02-19 17:17 x
本当に素晴らしいスキー姿と景色ですね!
楽しいお話。
そしてお母様が素敵ですね。
そうサンタさんはなんでも知っているのです!!!!!
Commented by chic-uni at 2014-02-19 18:20
(*´艸`*)ァハ♪ 母は仕事が休みの日に、よく弟も一緒に西部劇やシンドバット等
冒険ものの映画に連れて行ってくれました。もちろん学校には内緒です!
言うなれば早くから社会勉強!?をしていた訳です。(^∇^)アハハハハ!

この後もっちろん!「白銀は招くよ」も母と観に行きましたよ。
違反とは言え、学生時代のこの体験が私の感性を育ててくれたかも知れませんね。
母は赤ちゃんの時に母親と離されたので、自分が母親から受けられなかった
愛情を、貧しくとも一生懸命私と弟に注いでくれたと思います。
母は世界中で一番好きな人です!

サンタさんは中学生まで来てくれました。
高校生になった時に「もう高校生だからサンタさんは来ないよ。
クリスマスに欲しいものは?」と聞いてくれ、私もごく自然に
サンタさんんを卒業しました。
私に子供がいても、とても母にはかないませんね・・・。


Commented by もこもこ at 2014-02-19 19:29 x
こんばんわ。

まあ~お久しぶりです・・・
正直心配しました。
お風邪でも引いたかしら?とか、
どこか、痛くて苦しんでいらっしゃるのかしら?とか、
またはご旅行にでもいかれたかしら?とか・・・
大きなお世話ですが、更新がないと気になります。

さて、さて、
素晴らしいお宝拝見しました。
実は私も彼のフアンでした・・・
そのおかげで、スキーを始めたのです。
小学5年生からスキーを始め、結婚しても、
滑っていました。
ほんと、彼のスキーは、優雅そのものでしたよね~
お宝を見せていただいてありがとうございました。
懐かしい青春の思い出だわ。
Commented by chic-uni at 2014-02-19 20:25
もこもこさん、ご心配をいただきありがとうございます。
ちょっと懐が痛くて・・・!(^∇^)アハハハハ!

ガソリン代がかかるので軽自動車に乗り換えようと決心し、保険の解約をして
お抱えアドバイザーのSさんに相談すると、トントン拍子に話が進み、
新車の契約から支払までアッという間に済みました。
ただ現在かけこみ契約が多くて、納車は来月中旬です。^_^;

カード会社に一時増額申請をして、カード払いにしましたので来月は
一気にマイルが貯まりそうです!(^^)v
オーストリアにお墓参りに行くかなぁ?ヘヘヘ そんなには無いか・・・。

トニー・ザイラーは素敵でしたね~。ファンも多かったですね。
もこもこさんも?お仲間で嬉しいです!
私はスキーはしたことがないのですが、もこもこさん現在はもうなさらないのですか?
彼が設計したスキーコースが日本にも何か所かあるそうですが?

Commented by c-khan7 at 2014-02-23 19:09
素敵な青春の思い出ですね。
スポーツマンらしい、潔さと優しさを兼ね備えた
ナイスガイですね。
こういう思いでは一生の宝物です!!!
Commented by chic-uni at 2014-02-23 21:35
チャカさんお久しぶりです!お変わりありませんでしたか?

ウフフ・・トニー・ザイラーには今でも胸がときめきますわ~・・・。
今、若い時の素敵な思い出を棚卸しほこりを払っているのですよ。
忘れていたことも記憶がよみがえり、懐かしくて新たな感動にひたっています。
あと音楽関係のお宝がもう二つありますので、ご紹介いたしますね。
<< ヴィタメールのマカダミア・ショコラ | ページトップ | スーパースイーツ 8 谷尾のこ... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin