Top
6月14日(金) パリ ヴェロ・ドダ~パサージュ・ジュフロワ
お昼になったのでルーヴルを出て 14年前に食事をしたヴェロ・ドダに行きました
この時のときめきは美しい微笑みに記しております

レストランの前に立ち唖然としました!
古色蒼然とした佇まいはボロけてレストランという雰囲気はありません・・・
表のテーブルで二人の男性が話をしていましたが「営業してるのかな?」と訝りながら
中に入って又びっくり!\(◎o◎)/!
スペースが半分になっていて テーブルも4卓だけ 狭めた壁には魔法の館のような
カーテンがかかり 14年経ったとは言えこのボロけ具合はどうでしょう!?

中年の男性が注文を取りに来たので「グラタンはありますか?」と尋ねると「ありますよ」
とのことでそれとグラスワイン デザートのシャーベットとコーヒーをお願いしました
日本ではレストランでこの佇まいでは まずお客さんは入らないだろうなと思えるのですが
どうしてどうして次々にお客さんが来て二階へ上がります
そのうち下のテーブルも満席になり 表のテーブルもふさがってしまいました!
「凄い・・・ 料理が美味しければお店がボロけていても人は来るんだ・・・」と妙に感心して
いるところにグラタンができあがって来ました (^^♪

14年前にお隣の男性が食べたものとは違ったようですが 一口食べてその美味しさに
感動しました!
薄味好みの私に塩梅が丁度良く なるほどこのお味なら他の料理も押して知るべし・・・
本物の味を知る人達が来るんだな・・・フムフム パンもバターも結構で満足できる昼食でした
  
それにしても中年の男性が一人で 何もかもてきぱきとこなしています
前回は笑顔の優しいマダムがサービスしていましたが お顔が見えないのが気になりました
         
ここで小さな失敗を・・・ ^^; 
コーヒーが運ばれて来た時にその男性に「私は14年前このレストランに来ました」と
言うつもりが「私は14時間前にこのレストランに来ました」って言ったのです (*_*;
男性は微笑みながら「14年前?」と訂正してくれ 「私はその後からここで働いている」
と言いました 
このことから会話で失敗しても相手が訂正してくれるし それは恥ずかしいことでも何でもない
と学びました!日本人は特に完璧に言おう 失敗したら恥ずかしいと思うあまり言葉が
出ないことが多いのではないでしょうか?
失敗しても平気です むしろ失敗を重ねて言葉は上達するのです どんどん話しましょう!
     
お勘定をしてチップを置き「とても美味しかったです」と言うと彼は店の名刺をくれ
「マダム 又来て下さい」とにこやかに送ってくれました

はい 私が元気な内に又訪れたいと思います 美味しかったですよ ごちそう様でした
         
f0198611_15244821.jpg

                            オペラ座の周辺

オペラ座からヴァンドーム広場まで歩き ここの手袋専門店のウィンドウに紺と赤の
お洒落な革の手袋を見つけ お土産に買いました ここのマダムは黒人でとても美しく
優しい親切な応対に感激しました
         
f0198611_15244231.jpg

                      デパート ギャラリーラファイエットの内部

タクシーでギャラリーラファイエットに行き 欲しかったものを探しましたが見つかりませんでした
一階のブランド品の売り場は中国からの団体さんでごった返し 一人がいくつもの紙袋を
下げ免税手続きの所は長蛇の列で 中国の好景気を伺わせていました

f0198611_15243532.jpg

                         ギャラリーラファイエットの天井


この後パサージュ・ジュフロワへ行き 両側のお店を見て回りました 
本屋さんの店先でロベール・ドアノーの素晴らしい写真集を見つけ 買って帰りたかった
のですが 荷物がもうぎりぎりでしたので諦めました (ノ_・。)
残念・・・ Amazonにあるかな?


↑ かなり端折っていますがすみません
さあ明日はパリ最後の日で オルセー美術館へ行きます
どうぞお楽しみに!



         
[PR]
Top▲ | by chic-uni | 2013-07-24 15:36 | Comments(2)
Commented by へラとアミ at 2013-07-25 21:10 x
ルーブル美術館を見てお昼に14年前に訪れたレストランを訪れて
食事! なんてロマンチック! お店は古びていてもおいしい料理には
人が集まってくる。いろいろ懐かしかったでしょうね!
Commented by chic-uni at 2013-07-26 09:40
ヘラとアミさん、それは酷いボロけようでしたよ!^m^;
それでもお客さんは拘らないようでしたけれど・・・。

14年前の思い出はセピア色になってしまいました。
いつまでも色褪せずに・・・、これは難しいですね。

<< 6月14日(金) パリ オルセ... | ページトップ | 6月14日(金) パリ ルーヴ... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin