Top
ベッツイ&クリス CD
f0198611_18182618.jpg


団塊の世代の方はよくご存知ですね?懐かしのベッツイ&クリスです!
1969年「白い色は恋人の色」でデビューした二人のさわやかな美しいハーモニーが大好きでした ꒰ღ˘◡˘ற꒱♥︎
日本での活動は4年間でしたが 特に1972年に発売された「今日からは想い出」は私の人生における
大切な1曲です

これまでにも所どころに書いていますが当時好きだった東京在住の男性との恋(結婚)が叶わなくて
3ヵ月自死を考えていたのですねぇ・・・仕事だけは行っていましたが休日もどこにも出かけないし
何にも興味がわかない・・何をする気力もなくてただただ思い詰めてどうやって死のうか・・・と
そればかり考えていました (ノ_・。) 
若かったのできれいな死に方をしたい・・なんてふやけた思いもありましてねぇ・・
今でいう重度のうつ状態だったと思います

ここから脱したのは母がプレゼントしてくれた草柳大蔵さんの「愛の流れにあるもの」という若い女性向けの
本だったのです 「これ なかなか良いことが書いてあるよ 読んでみんかね?」と机の隅に置いてくれたのですが
数日間そのまま・・・ある時テレビも面白くない 音楽も聞きたくない・・本当にな~んにもすることがなく
ふと目に入ったその本を手に取り読み始めると カラカラの大地に恵の慈雨が沁み込むように少しずつ
こころに潤いが戻ってきたのです
もう止まりません!!無我夢中で読み進み0時を回った頃 母が店から帰り部屋を覗き私が本を読んでいるのを
見て熱いお茶を淹れてくれ「風邪引かんようにね」とだけ言って先に休みました

私は徹夜で本を読み終え 明け方に少し寝ていつも通り出勤しましたけれどもう昨日までの私では
ありませんでした!
こころのもやもやがすっかり晴れ生まれ変わった心地で「これでは振られるのも当然だわ・・この次素敵な人に
会ったら選んでもらえるように自分を磨かなくては・・」ま 自分なりに頑張ったつもりですが・・?^^;
この本に出合ってなかったら今の私はありませんでした
それからも草柳さんの著書は人生の教科書になり合わせて読書の楽しみ 効用に目覚めたのです
一度底まで沈んで死にかけましたのでそれからはもう何があっても折れたり挫けたりすることはないです
いつも前向きでしょう?(*^_^*)

元気を取り戻し彼とのことも良い想い出だったと捉えられるようになった頃この曲が流れ「私この曲大好きよ」
と言うと母も「これいい曲ね」と気に入り何とこの曲の入ったLPをプレゼントしてくれました!ヽ(^o^)丿

二人の優しい日本語で歌われる美しいメロディーはかけがえのない想い出を宝物にしてくれました
ときおり聴きたいと思ってもレコードプレーヤーもないしYouTubeにもないのです
今の時代CDはないのかな?と検索すればあるじゃありませんか!!
Amazonで頼んだらJCBのボーナスポイントが使え900円で買えました (^^)v

曲目
1. 白い色は恋人の色
2. パピルスの船に乗って
3. 花のように
4. すてきだったから
5. 恋よさようなら
6. 傷心のジェット
7. 夏よお前は
8. 娘は花をまとっていた
9. 美しいものたちよ
10. ふたりだけの島
11. つばめ
12. 今日からは想い出
13. うわさの男
14. サウンド・オブ・サイレンス
15. 500マイル
16. 風に吹かれて
17. ドンナ・ドンナ
18. 虹と共に消えた恋
19. 花はどこへ行った

もうひとつ叶うと嬉しい願いがあるのです( ´艸`)
以前YouTubeにベッツイ&クリスの「浜辺の歌」があったのですが今まで聴いたどの「浜辺の歌」より
きれいで心に沁みました LPの「日本の詩」に入っているのですね これはCDがありません
YouTubeも削除されていて極めて残念です~~~。:゚(。ノω\。)゚・。

でも希望を持っていれば必ず叶うって確信しています!  




[PR]
Top▲ | by chic-uni | 2017-09-23 16:53 | Comments(2)
Commented by ellesakura at 2017-10-03 17:32
懐かしい!!白い色は恋人の色 小学生のころめちゃ聞いていました
老人と子供ポルカが初めて買ったレコード たぶん次ぐらいに買ったと思います

uniさんの青春讃歌ハワイ在住のきれいなハーモニーデユオでしたよね
Commented by chic-uni at 2017-10-03 22:09
sakuraちゃん、 ( ⌒o⌒)人(⌒-⌒ )v オヒサです~~♪
お変わりありませんか?
小学生の頃? 私はもう社会人だったわ・・。(ーー;)

( ´艸‘)ウフフ「ズビズバー・・・」って、あれね?
これも大人気でしたね。ベッツイ&クリスの優しいまろやかな日本語で歌われる曲は、どれも素敵でした。
「浜辺のうた」は本当にきれいで抒情的なのよ。
誰かYou Tubeにアップしないかなぁ・・・。
音楽はその時代を写す鏡ですよね?
年齢に開きがあっても「あぁ!あれ?」って分かっちゃうもんね。開き過ぎちゃって、今はダメ~~~ですけど!

<< 東京の休日 | ページトップ | 花かご バースデーカード >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin